/*トップページ以外はarticle*/
 
検索
  • グッドリンク

所得保障保険について考える



世界中のどのメディアを見てもコロナウイルス

が常にトップニュースになっています。

根も葉もない話も多く、情報への接し方につい

ては気を遣う必要があります。医療の現場では、

通常医療との切り分けオペレーション問題や構

造的受入れ体制問題で医療崩壊が起きるという

話がありました。

自分達に引き戻して考えた場合に、身を守る一

つの手段として今回は所得補償保険について情

報提供をさせて頂きます。


病気の補償として、入院した時に保険金が支払い

される医療保険がありますが、入院せずに自宅療

養を余儀なくされる場合どう考えたらよいでしょ

うか?

例えば、今回のコロナウイルスが陽性だった場合

に、入院患者数の増大により無症状・軽症であれ

ば自宅での安静・療養となる可能性があります。


弊社取引の保険会社に確認をしたところ、今回の

ケースを鑑み新型コロナウイルスに罹患し医師の

指示により安静・療養となった場合「入院」とし

て扱われるとの事です。つまりこのケースは、入

院保険金が支払いされるという事です。

また、所得補償保険の場合は、入院していない期

間であったとしても、病気の治療を受けており業

務に従事できない状態で「就業不能」となった場

合には保険金支払いの対象になります。

(入院を就業不能とする特約をセットしている場

合を除きます)


現状の感染状況あるいは今後の二次・三次拡大の

可能性を考えますとこういった補償に目を向けて

おくという事は大事かと思います。  

また逆にこの保険で保険金を支払い出来ない場合

としては、地震・噴火・これらによる津波を原因

とするケガ(特約付帯している場合を除きます)

や犯罪行為や闘争行為あるいはアルコール薬物依

存を原因とするものそれ以外の精神障害などにつ

いては対象になりませんので、その点については、

ご注意が必要になります。


皆様の現状は如何でしょうか?

所得補償保険は、医療保険などと比べますとあま

り知られていない為、必要と思われる方でもご存

じないケースが多いように感じます。

関心をお持ちで、お見直し等が必要な場合は、

グッドリンクまでお問合せご相談下さい。

22回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示