/*トップページ以外はarticle*/
 
検索
  • グッドリンク

地震対策のこと


今年の3月に起きた宮城県や福島県での震度6強の地震ですが、津波による被害はなかったものの、横揺れが大きかったせいでしょうか?

以外に広範囲に拡がり、保険会社の営業も査定に駆り出されるなど、多くの保険金支払いをしているようです。


今回はあらためて、地震対策情報につきまして簡単にご案内します。参考にしておりますのは、消防庁防災マニュアルというページからになりますので、お時間の許す方はそちらを併せて御覧下さい。(https://www.fdma.go.jp/relocation/bousai_manual/index.html


地震にあったら-野外・乗り物編-

住宅地では路地にあるブロック塀や石塀の倒壊に注意し、オフィス街では窓ガラスやタイル外壁などの破損落下の際は鞄などで頭を保護し建物から離れる回避行動を取りましょう。

(繁華街では、店の看板やネオンサイン等にも十分注意)


運転中の場合、揺れを感じる場合は前後の車両に注意し、スピードを落として左側に駐車、揺れがおさまるまで社外に出ず、情報入手をする。退避の必要がある場合は、ロックをせず、連絡先を記載して貴重品を持って徒歩で非難する。高速道路も約1㎞毎に非常口があり、ここから徒歩で地上に脱出することができる。


地震の揺れが収まったら編-

身の安全の確保、退避の判断、退避の行動等についての情報がまとめられています。

例えば、身の安全の確保では、「窓や戸を開け出口を確保しましょう」あるいは、退避の判断については、噂に惑わされず、ラジオや役場情報などの情報に注意して正しい状況把握に努める。


退避行動をとる際は、電気ブレーカーを切りガスの元栓を閉めるなど、二次災害を防ぐ為の行動をとる、あるいは我が家の安全を確認後、近所にも声をかけて安否を確認するなどの記載もあります。


上記のような記載がまとまっていますので、日頃から防災関連の情報提供を受けていない方は、一度ご覧になると参考になると思われます。

地震保険についてあるいは火災保険等のお見直しがございましたら、グッドリンクまでお問合せ下さい。

閲覧数:73回0件のコメント

最新記事

すべて表示