/*トップページ以外はarticle*/
 
検索
  • グッドリンク

介護保険に関わる話


内閣府が行った「令和元年版高齢社会白書」によると

55歳以上の方を対象に行った調査で、男性の場合介護

を頼みたい人は「配偶者」が56.9%「ヘルパーなど

介護サービスの人」が22.2%なのに対し、女性は

「ヘルパーなど介護サービスの人」が39.5%、子が

31.7%でした。とてもギャップが大きいですよね。

男性の場合、「配偶者にそっぽを向かれたらどうしま

すか?」という話です。


まして、現実に介護の問題に直面すると、「子は親の面

倒を見るのが当たり前」という風潮があることに加え、

適切な施設が見つからなかったり、金銭的な余裕がない

場合、子供や家族に大きな負担がきてしまうことになり

ます。


時々ニュースにもなるように、介護をする側の人達の

生活が、小さな家族の為、身近に頼る存在の人がいない

場合、仕事を辞めざるを得なかったりして、行き詰って

しまう事がありますね。

私の祖母も亡くなる前に認知症になっていましたが、

周りで面倒を見ていた家族の話などを聴きますと大変

だった様子がよくわかります。

友人から聞くこともありますが、認知症の場合は、要

介護認定が低くても、妄想や徘徊、暴言など問題行動

も生じやすく、目を離すことが難しいケースがあります。


認知症の患者を自宅で数人の家族で面倒を見るのは、

簡単な事ではなく、加えて認知症の症状が進行すると本人

が預貯金をおろせなくなり、家族が治療費などを負担しな

ければならないようなことも出てきます。

このようになってくるとデイサービスやショートステイを

利用しながら面倒をみる、あるいは状況によりグループ

ホームに入居させるなどの選択肢が必要となってきますね。 


こういった際には、潤沢な現金をお持ちの方には、保険は

不要かもしれませんが、介護保険等で保険金を受け取れば、

介護のプロに任せていく選択もできることになります。


介護や認知症が心配なら、子育てが一段落して死亡保険が

不要もしくは減額する時などに、民間の介護保険等について

検討してみることも良いのではないのでしょうか?

関連する保険についてご相談がおありの場合は弊社まで

問合せ下さい。

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示