/*トップページ以外はarticle*/
 
検索
  • グッドリンク

がん保険に関わる最新情報


  国立がん研究センターによれば、一生のうち   がんと診断される割合は、男性の61.5%女性   の46.2%とされているとのことで、高齢に   なるほどかかる率が高まりますが、最近の   がん保険の傾向はどう考えたらよいのでしょ   うか?

  がんに対する治療は、手術、抗がん剤治療、   放射線治療が3大治療としており、入院する   場合も短期入院あるいは、入院せずに通院治   療のみというケースも増えています。   従来型のガン保険は、診断給付金と長期の   入院給付金をセットにし、入院後の通院や   入院を伴う手術を保障するものが主流でした。

  最近では、診断給付金に重点を置いたタイプ   や入院の有無を問わず三大治療に対して給付   金を支払うタイプ、入院を伴わない通院治療   や療養などに対応できる保険が増えています。

  例えば、一般に通院による放射線治療が乳がん   では25回程度続くという統計もあり、時短勤務   が無いパート勤務等では仕事を辞めざるを得   ないケースもあるのが現実です。   治療費の負担に加えて、場合によっては収入減   のリスクを念頭におく必要があります。

  短期の入院などは、貯蓄でカバーして治療が   長引く場合についてのみ保険で備えたいという   ニーズもあります。   

  全体的傾向として、死亡保険金よりも生存給付   に各個人の焦点が当たっている時代でもあり、   過去に加入したガン保険が最近の治療実態に   そぐわないケースでは、見直しも考えられたら   良いのではないでしょうか?

  皆さんの加入状況は如何でしょうか?   お見直しが必要であれば、一緒に考えさせて   頂きますので、グッドリンクまでお問合せ下さい。

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示